« 2001年03月22日(木)記 | トップページ | 判断 »

親父が胃ろうするかどうかの決断を迫られる

精神病院

なんか脈が弱いです

循環器病院に転院しペースメーカーを入れる

精神病院に戻る

精神病院のベッドから落ちて股関節骨折

手術が出来る総合病院へ

股関節に金具を入れる手術後精神病院へ戻る

精神病院で飲まず喰わず状態になる

内科の病院へ

誤嚥性肺炎と気管支炎との診断

↓(今日)

内科の病院から

「もう加齢に伴い嚥下機能が低下しているので胃ろうするかどうかの決断をして下さい。」

との事

 

胃ろうを拒否した場合は

そりゃ,飲まず喰わず状態になるので,死ぬんじゃないでしょうかね。

 

胃ろうした場合は

寝たきり状態で,少しは生きるんじゃないでしょうかね。

 

ここ30年,本当に意地悪親父だったので,私は今でもトンカチで頭を砕いてやりたいぐらい憎たらしいのですが。

その様な私怨で胃ろう拒否をして,親父を殺してもいいのかどうか迷います。

一応身内なので。

 

胃ろうで生きてるたって,一応生きてる事には変わりないので

私も外部からのインシュリン注射でムリクリ生きているので

 

本来ならもう死んでいる筈だとか考えると

私も健常者としての判断が出来ないのが実情です。

(ちなみに親父は齢81,精神状態は極めて不安定)

|

« 2001年03月22日(木)記 | トップページ | 判断 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 親父が胃ろうするかどうかの決断を迫られる:

« 2001年03月22日(木)記 | トップページ | 判断 »