« 親父は胃ろうに | トップページ | 胃ろうの手術未だに行われず »

【親父について】

昨年,精神病院に入院中の親父の脈が弱いとの事で

精神病院からほど近い循環器内科でペースメーカーを入れる手術をした

同じく昨年,精神病院でベッドから落ちて,足の付け根を骨折

当然,精神病院では手術で出来ないので,精神病患者を受け入れてくれる総合病院へ

そこで足の付け根に金具を入れる手術をした

そして,今回,精神病院で飲まず喰わずの状態になったので,精神病患者を受け入れてくれる総合病院へ

結果,誤嚥性肺炎

嚥下能力が落ちすぎているので,もう胃ろうの手術をするしかありませんと

判断を迫られたのです


いろいろと悩みましたが,胃ろうの手術をして貰う事にしました

胃ろうの手術が終われば,親父はまた精神病院に戻れます

・・・

私はヒトマズ自分でその決断をしたので

自分でした決断なので

________

本日,私の精神科の掛かりつけ医にその旨を話した所

「気持ちは解るけど,結構親父さんにとって辛い決断だったと思う

胃ろうを延命に使うのは日本だけ

胃ろうしても逆流して誤嚥性肺炎になる事もあるし,これからもっと苦しむ事も考えられるよ」

との事

________

でもねぇ,喋るんだよ,親父

精神病院に戻りたいって

喋るのさ

喋ってくるの

口から飯も喰えない,水も飲めないのに

 

オレ,トリガー引けなかったわ

命のトリガー引けず

親父は齢81

寿命ってなんだろうな

|

« 親父は胃ろうに | トップページ | 胃ろうの手術未だに行われず »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【親父について】:

« 親父は胃ろうに | トップページ | 胃ろうの手術未だに行われず »