« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年3月

カネ

kane

私の固定費

手取りからこれを引くと手元に鼻くそもカネが残らない

もうやってられない

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鎌倉の叔父さん死んじゃった

鎌倉の叔父さん死んじゃった


電報は線香付きのにした


今日中に届くって


札幌来るたびジンギスカンな人だった

くしくも私の誕生日

さようなら

 

IMG_0727

| | コメント (0) | トラックバック (0)

胃ろうの手術未だに行われず

親父の胃ろうの手術は未だに行われていません

と言うのも,胃ろうの手術をする予定だった病院から連絡があり

血尿が出ているので,泌尿器科の病院を受診して下さいと

 

結果そのまま泌尿器科の病院へ入院(転院)

もう,本人もここが何回目の転院先だか解って無いんじゃないか・・・

私ももう良く解らないモノ

 

ペースメーカーの関係で血液をサラサラにする薬を使っているのですが,それはもう止めますとの事

なので,血栓が出来て頭に飛んだり,心臓に飛んだりする事もありますのでと

腎臓にガンらしき影がありますが,それについてはもう調べませんと

 

もう齢81だから,これ以上なにかあったらもう対処は止めようと

お袋と決めましたと

 

ん?

弟?

お袋が電話したら折り返しで,電動シェーバーで髭剃りながら電話して来たらしい

さすがお笑い界のスーパースターだ

 

親父に会うとも会わないとも言わなかったそうだ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【親父について】

昨年,精神病院に入院中の親父の脈が弱いとの事で

精神病院からほど近い循環器内科でペースメーカーを入れる手術をした

同じく昨年,精神病院でベッドから落ちて,足の付け根を骨折

当然,精神病院では手術で出来ないので,精神病患者を受け入れてくれる総合病院へ

そこで足の付け根に金具を入れる手術をした

そして,今回,精神病院で飲まず喰わずの状態になったので,精神病患者を受け入れてくれる総合病院へ

結果,誤嚥性肺炎

嚥下能力が落ちすぎているので,もう胃ろうの手術をするしかありませんと

判断を迫られたのです


いろいろと悩みましたが,胃ろうの手術をして貰う事にしました

胃ろうの手術が終われば,親父はまた精神病院に戻れます

・・・

私はヒトマズ自分でその決断をしたので

自分でした決断なので

________

本日,私の精神科の掛かりつけ医にその旨を話した所

「気持ちは解るけど,結構親父さんにとって辛い決断だったと思う

胃ろうを延命に使うのは日本だけ

胃ろうしても逆流して誤嚥性肺炎になる事もあるし,これからもっと苦しむ事も考えられるよ」

との事

________

でもねぇ,喋るんだよ,親父

精神病院に戻りたいって

喋るのさ

喋ってくるの

口から飯も喰えない,水も飲めないのに

 

オレ,トリガー引けなかったわ

命のトリガー引けず

親父は齢81

寿命ってなんだろうな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

親父は胃ろうに

親父に胃ろうのオペをする様に頼みました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

時を数えるのはヤメテ

時計が時間を作っているのか

時間が時計を作っているのか

どちらかは知らんが

もう,嫌だ

時を数えるのはヤメテ欲しい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

生活が苦しい

生活が苦しい

 

と言っても,今までの人生で生活が楽だったためしは無いのですが

もう,固定費抜いたら月3万円とかの生活

 

学生時代よりも厳しい生活

私はもう41歳になっており

学生時代の様に暮らす事はもう出来ない

300円の鶴川定食を提供してくれる学食も無いし

酒量も昔より増えた

 

やはりデカイのがクルマの維持費

下取りに出しても買い取ってくれるか微妙なマニュアルマーチでも

駐車場代やら,自動車保険やら金だけは一人前に掛かる

 

もうね,収支は赤字

どう考えても赤字

 

クルマは通勤で使っているので,捨てられないが

もう,クルマ捨てて生活保護の方がよっぽど豊かダヨ

 

衣食住を保障されて

「お笑いで売れたい」

とか笑顔で言っている弟に憧れる

 

彼はある意味勝ち組み

 

働くのヤメヨウカナ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

判断

親父の生死のトリガーは私の指の中に

卒業したら

お前ら卒業したら

「身を守る

家族を衛る

国護る」

に置き換えろ

と言われていた

どっちにしても厳しい判断になる

kokushi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

親父が胃ろうするかどうかの決断を迫られる

精神病院

なんか脈が弱いです

循環器病院に転院しペースメーカーを入れる

精神病院に戻る

精神病院のベッドから落ちて股関節骨折

手術が出来る総合病院へ

股関節に金具を入れる手術後精神病院へ戻る

精神病院で飲まず喰わず状態になる

内科の病院へ

誤嚥性肺炎と気管支炎との診断

↓(今日)

内科の病院から

「もう加齢に伴い嚥下機能が低下しているので胃ろうするかどうかの決断をして下さい。」

との事

 

胃ろうを拒否した場合は

そりゃ,飲まず喰わず状態になるので,死ぬんじゃないでしょうかね。

 

胃ろうした場合は

寝たきり状態で,少しは生きるんじゃないでしょうかね。

 

ここ30年,本当に意地悪親父だったので,私は今でもトンカチで頭を砕いてやりたいぐらい憎たらしいのですが。

その様な私怨で胃ろう拒否をして,親父を殺してもいいのかどうか迷います。

一応身内なので。

 

胃ろうで生きてるたって,一応生きてる事には変わりないので

私も外部からのインシュリン注射でムリクリ生きているので

 

本来ならもう死んでいる筈だとか考えると

私も健常者としての判断が出来ないのが実情です。

(ちなみに親父は齢81,精神状態は極めて不安定)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »