« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月

正月も半ばを過ぎました

こんばんは。

MOTです。

 

CIMG4716

CIMG4721

↑は3日に訪れた小金湯温泉からの豊平川の写真です。

 

小金湯温泉は人が多すぎ。

正月はあんなに混むんだな。

休憩所で立って水飲んでたヨ。

 

CIMG4723

その帰り,遠回りをして朝里方面から帰る。

おなじみのダム湖。

 

雪が少なくて走り難かった。

と言うのもアスファルトが出てたり,ブラックアイスバーンだったりで。

路面が全て雪で覆われてる方が走りやすい。(μが均一だから)

 

____________

 

そして,翌4日は厚別へ。

小学校の同級生のウチに少しお邪魔する。

 

我が生涯最初で最後であろう結婚式の友人代表をした,小学校の同級生。

今でも病気の一つも無く,元気です。

 

昨年,二人目の子供(娘)が産まれて。

私もアイツのウチで少し娘ちゃんと遊びました。

 

かわいかったなぁ。5月生まれと言っていたっけ。

 

そして,彼は東証一部上場企業の正社員です。

新卒で入社した訳では無いので,苦労人だと私は思う。

 

 

↓去年はこんな感じでした

http://motbekkan.cocolog-nifty.com/blog/2015/01/post-7ca4.html

 

その後,同じ年の7月だか8月にまた飲んでいます。

 

こうして,小学校の同級生と,これまた少年野球の監督の店で飲むと言うのは,退行の一種なのかも知れません。

 

監督は私が小学生当時はパンチパーマでヤクザ以上に怖かったけど,今では私の親父の様。

 

私の親父はまだ存命ですが,もう壊れてしまっているので。

 

父性を求めて厚別に飲みに行っているのだろうか。

もう,既に自分自身が父親だと言うのに・・・。

 

____________

 

 

6日は千歳の友達とウチの最寄り駅で飲み。

本来は私が千歳まで行く予定だったんだけど,予算不足で来て貰う事に。

 

飲み放題を二回繰り返した後は,珍しくカラオケへ。

 

普段は歌が下手なので,カラオケは嫌いなんです。

うるさくて同席した人とも,コミュニケーションを取れないし。

今回はよっぽど酔っ払っていたのでしょう。

 

なんだかんだで,結構歌ったなぁ。

 

 

千歳の友達は結婚後,数週間で離婚。

子供(娘)には会えている様ですが,私から見ると幸せそうには見えません。

 

けど,言うんです。彼は。

 

「私には辛いことは無いですよ」

 

と。

 

ありゃ,夏に釧路に行った時には

「辛い」

と言っていたのになぁ。

 

本人は夏に発言した事を覚えていない様でした。

ヒトは変わるんですね。

私は確かに聞きましたもの。

 

「辛い」

と。

 

____________

 

そんなこんなでまだ生存しています。

 

友人との飲み二つの後は,楽しみの反動でかなりブルーになりましたが,なんとか最近の天候に助けられ少し元気になって来ました。

 

お天道様が出ていると,私の心も少し元気になります。

 

後は安定した仕事です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

信濃神社に詣でる(元旦に)

CIMG4699

↑元旦に訪れた信濃神社。

大晦日の日記に書いた通り,私は厚別の信濃神社に詣でました。

 

 

静かな土地の静かな社にも,詣でる人は大勢居て。

結構な行列でした。

 

こんなに信仰されている信濃神社は幸せだなと思います。

 

CIMG4703

 

CIMG4712

 

紙札をもとめた所,この様な紙が付いて来ました。二枚。

 

 

一つは柱に,一つは床の間に貼りました。

画鋲で紙を傷つけるのも嫌なので,セロテープで貼りました。

 

北海道神宮も,近所の諏訪神社もこの様な紙は付いてこなかったなぁ。

 

この様な些細な事だけじゃなくて,色々な言葉に出来ない理由で私は信濃神社を好きです。

あくまで,私の中でだけど。

 

おみくじは引かなかった。

 

________

 

そして,本日は地下鉄に乗って札幌街中へ。

財布を買いたかったんだけど,人は多いし,デパートの中は暑いしで・・・。

 

結局,何も買わずに帰宅。

 

でも,万歩計を見ると7,000歩以上も歩いてる。

 

 

とにかく年が明けてから精神的に元気になった事は間違い無いです。

 

このママ,仕事を見つけて安定した生活をしたいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »